2016年7月26日火曜日

空気が勝手に

気が付いてないふりをしているが
私は知っています。
私が言った言葉の後に
時々変な静かな時間が
生まれることを。
これが俗にいう
「スベってる」であり
「それおもんない」である。

ほんとはすぐお家に帰りたいほど
恥ずかしいし泣きたいよbut
スベってるってわかってるって
バレたくないから
いやいや女の子やねんから
そんなおもろいこと
求められましてもみたいな
スタンスを保ってどうにか
椅子から崩れ落ちないように
踏ん張ってる

帰り道は
いやあそこに○○さん
(○○に当てはまるのはほぼ芸人さん)
がいたら絶対笑ってくれる
ほんでこうやって返してくれる等
往生際の悪いことをやっています。

昔千原のジュニアさんが
ブツブツ何かにキレながら
歩いてるおっさんを見ると
お笑い芸人になってなかったら
将来僕はああなってたと思うなあ
と言っていて
うわー!めっちゃわかる!
私も絶対自分がああなってたと思う!
と大共感した。


あ、私お笑い芸人ちゃうやん、、、
またや、、、
ほな、、、(ああなるやん、、、)

0 件のコメント:

コメントを投稿